Drip 'n' Snip

ドリップン・スニップ

あなたの生活役立つWEB情報イッパイお届け
スポンサーリンク

Google Driveが2017年12月11日にサポート終了!?どうしたらいいの!?

2018/06/25

Pocket

こんにちは!僕です!

先日Googleが「GoogleDrive」を置き換えるという発表をしました。

Googleと言えば、GoogleReaderの開発を停止したり、不必要なサービスはバッサリ切っていくことで有名です。

果たしてEvernoteのように使いづらいサービスになってしまうのでしょうか……?

DropBoxに乗り換えないとだめなのでしょうか?

色々不安になったので調べてみました。

結論

どうやら、GoogleDrive自体はそのままで、GoogleDriveを使う方法が変わるみたいです。

無料で使っていた場合

代替サービスを探さなくても大丈夫です。

今まで無料でGoogleDriveを使っていた人は、「Backup and Sync」に移行することになります。容量は15GBのまま、ほぼ同等の機能が使えます。

アプリケーションだけ新しくなるので、新たにインストールする必要があります。すでに提供されているので、この機会にインストールしてみましょう。

https://www.google.com/drive/download/

GSuiteで使っていた場合

より便利になるので、代替サービスを探さなくても大丈夫です。

Drive File Streamという名前になり、今までGoogleDriveの大容量版だったものが、オンラインストレージ中心のものになり、より便利になります。

ビジネスはオンラインメインになります。下の「使ってみる」からアクセスしてみましょう。

https://www.google.com/drive/download/

有料のGoogleDriveを使っていた場合

バックアップ用途で利用していたか、共有用途で使用していたかで変わってきます。もしビジネス用途で使っていたなら、GSuiteに乗り換えて、Drive File Streamを使うのが良いかもしれません。

GoogleDriveからサービスが別れた理由(予想)

今まで、GoogleDriveは同じプラットフォームを無料の15GB有料の1TBGSuite用の1TBで提供していました。

一時期個人的にGSuiteを使っていたことがあるのですが、GoogleDriveの1TBとGSuiteに付属する1TBには違いがない上に、何故かGoogleDrive1TBが1,300円/月なのに対して、GSuiteのほう多機能なのに1,200円と値段が安かったんです。なぜか。

今回の変更は、GoogleDriveはバックアップ用途向けのサービスであり、ビジネスなどの共有用途で使うならGSuite向けにDrive File Streamを作ったからそっちを使ってね!という事になります。

まとめ

GoogleReaderがなくなったことでFeedlyに移行したことがあるので、唐突な発表に不安になりましたが、今回のサービス変更は、個人向けとビジネス向けに特化したサービスを開発するための変更だと感じました。むしろ、GoogleDriveに1,300円払っていた人は、ちゃんとGoogleDriveとしてのサービスを受けられるようになるかも。

ということで、今回はここまでです。

それでは、またお会いしましょう!

                           

  関連記事

自由度MAXのパーソナルデータベース、Tap Formsが便利! - 3.レイアウトの作成

まずは使ってみる - データを入力してみる 入力用のフォームが出来たので、早速デ ...

Todoistを使って、GTDライクに自分の「したいこと」「すべきこと」を可視化しよう! 3 - Todoistの利用法

さて、前回前々回とGTDライクなTodo管理の方法について色々と書いてきましたが ...

【動画あり】esa.io!Markdownが使えて、共有が出来る!日本が産んだゆるふわwebサービス

こんにちは、僕です。 これまでもQuiverやConfluenceなど、Mark ...

笑うはずのない人を笑わせるアプリ、FaceApp

こんにちは、Twitterで流行っているネタばかりですみません! 今日はあの今話 ...

音楽に環境音を重ねられる「NatureSpace」でノイズライフ

音楽だけだと物足りない「僕」がおすすめする高品質な環境音アプリ、NatureSpaceをご紹介します!

-アプリ/サービス, ニュース
-,