Drip 'n' Snip

ドリップン・スニップ

あなたの生活役立つWEB情報イッパイお届け
スポンサーリンク

ドラッグ・アンド・ドロップを多用する?ならYoinkを使おう!

2016/06/23

Pocket

こんにちは、マウス振りすぎて腱鞘炎になりかけた僕です。

このブログでもやたらとドラッグ・アンド・ドロップという言葉を使っています。
というのも、ドラッグ・アンド・ドロップで出来ることって、ここ数年で物凄く増えていて、少し前ならファイルブラウザから選んで挿入…という操作をしなければならなかった内容も、大抵の場合にはD&Dで済む、WEBサービスにすらファイルをD&D出来てしまう、という時代になりました。

フォルダからフォルダへ、デスクトップからフォルダへ、フォルダからアプリへ、ブラウザへ…と、回数や跨ぐウインドウの数が増えれば増えるほど、ずっと左クリックを押しっぱなしにしないといけなくなってしまいます。
左クリックでファイルを保持したまま、スクロールして…なんてことも普通によくあります。そうするともう、一日中クリックしたままになって、そりゃ腱鞘炎にもなるわ!というわけでございます。

そこで、一度ドラッグしたファイルを、画面の端に一旦置いておける超便利アプリ、Yoinkをご紹介します。

↓ダウンロードはこちらから。(App Store)
Yoink

一旦置いておける!?

スクリーンショット 2016-06-16 15.51.14

パソコン上で、ファイルをドラッグし始めると、画面の設定した位置に、こんな場所が出現します。
そして、この上にファイルをドロップすると、
スクリーンショット 2016-06-16 15.52.07

こんな風に、ファイルがこの空間にファイルが入りました!

例えば、普段ならデスクトップから特定のフォルダにファイルを移動させたい場合、先にフォルダを開いて目的の場所にすぐアクセス出来るようにしておいて、そのフォルダをずらしてデスクトップを表示させて、そこからドラッグして…としなければなりません。
Yoinkを使えば、まずデスクトップでファイルをこのYoinkにドロップして、それからフォルダを開いてここからドラッグすれば良い、という事になります。

言葉で説明されるとイマイチピンとこないかもしれませんが、使ってみるとその効果はあまりにも絶大です。
長い距離ドラッグしたままにしなくても良い、という事や、途中で行き先が変わったなどの理由で手を離してしまって、ファイルが行方不明になってしまう、という事もありません。
オプションで設定すると、このYoink空間自体がマウスの近くに寄ってきてくれたりもします!

まとめ

ドラッグ・アンド・ドロップを多用するこの時代だからこそ、その時のストレスを軽減できるYoinkを使うと、それだけで作業の能率が跳ね上がります。
最近では、VMwareで作った仮想デスクトップにも移動出来るようになったらしく、利便性も向上しています。
是非導入してみてはいかがでしょうか!

                           

  関連記事

その場所に行った時に教えてくれる--恐怖!場所リマインダー

こんにちは。 ジメジメ蒸し蒸しして、若干不快度高いですよね。 ところでエアコンの ...

もうDVDになってる動画を編集したい?よろしい、ならばまずはHandBrakeだ

未だに8mmビデオと日々戯れている僕です。(本当です。) しかし、先進的なテクノ ...

Macユーザーのための!Markdown Editorの新定番Quiver

こんにちは、皆さんは文章を書くとき、考える時には何を使われていますか? Wind ...

iPhoneの本気!ProCamで本格撮影!

こんにちは! みなさんiPhoneで写真や動画を撮っていますか?そして、その写真 ...

LINEの返信をちょっと楽にする方法

こんにちは、最近改めて「白のひととき」にはまっている僕です。甘い。美味しい。 と ...

-アプリ/サービス
-,