Drip 'n' Snip

ドリップン・スニップ

あなたの生活役立つWEB情報イッパイお届け

Google Driveが2017年12月11日にサポート終了!?どうしたらいいの!?


こんにちは!僕です!

先日Googleが「GoogleDrive」を置き換えるという発表をしました。

Googleと言えば、GoogleReaderの開発を停止したり、不必要なサービスはバッサリ切っていくことで有名です。

果たしてEvernoteのように使いづらいサービスになってしまうのでしょうか……?

DropBoxに乗り換えないとだめなのでしょうか?

色々不安になったので調べてみました。

結論

どうやら、GoogleDrive自体はそのままで、GoogleDriveを使う方法が変わるみたいです。

無料で使っていた場合

代替サービスを探さなくても大丈夫です。

今まで無料でGoogleDriveを使っていた人は、「Backup and Sync」に移行することになります。容量は15GBのまま、ほぼ同等の機能が使えます。

アプリケーションだけ新しくなるので、新たにインストールする必要があります。すでに提供されているので、この機会にインストールしてみましょう。

https://www.google.com/drive/download/

GSuiteで使っていた場合

より便利になるので、代替サービスを探さなくても大丈夫です。

Drive File Streamという名前になり、今までGoogleDriveの大容量版だったものが、オンラインストレージ中心のものになり、より便利になります。

ビジネスはオンラインメインになります。下の「使ってみる」からアクセスしてみましょう。

https://www.google.com/drive/download/

有料のGoogleDriveを使っていた場合

バックアップ用途で利用していたか、共有用途で使用していたかで変わってきます。もしビジネス用途で使っていたなら、GSuiteに乗り換えて、Drive File Streamを使うのが良いかもしれません。

GoogleDriveからサービスが別れた理由(予想)

今まで、GoogleDriveは同じプラットフォームを無料の15GB有料の1TBGSuite用の1TBで提供していました。

一時期個人的にGSuiteを使っていたことがあるのですが、GoogleDriveの1TBとGSuiteに付属する1TBには違いがない上に、何故かGoogleDrive1TBが1,300円/月なのに対して、GSuiteのほう多機能なのに1,200円と値段が安かったんです。なぜか。

今回の変更は、GoogleDriveはバックアップ用途向けのサービスであり、ビジネスなどの共有用途で使うならGSuite向けにDrive File Streamを作ったからそっちを使ってね!という事になります。

まとめ

GoogleReaderがなくなったことでFeedlyに移行したことがあるので、唐突な発表に不安になりましたが、今回のサービス変更は、個人向けとビジネス向けに特化したサービスを開発するための変更だと感じました。むしろ、GoogleDriveに1,300円払っていた人は、ちゃんとGoogleDriveとしてのサービスを受けられるようになるかも。

ということで、今回はここまでです。

それでは、またお会いしましょう!

  関連記事

eyecatch
Confluenceの具体的な活用方法!

 先日少しConfluenceについて書きましたが、反響があったのでもう少し詳し ...

eycatch
SublimetextからPhpStormに乗り換えた7つの理由

こんにちは。 弊社では基本的にwebサイト・wordpressサイトの作成や構築 ...

slack
SlackとGoogleが手を組んだぞ!…でも、Slackって何?便利なの?

こんにちは。 GoogleとSlackが手を組み、Google Drive内のB ...

group
Windows Server 2016公開!

こんにちは、僕です。 さて、皆さまお待ちかねのWindows Server 20 ...

news
しゃべるニュースで、ニュース漬けになろう!

こんにちは。 皆さま以前紹介しましたAudibleは活用されていますか? 車を運 ...

-アプリ/サービス, ニュース
-,