Drip 'n' Snip

ドリップン・スニップ

あなたの生活役立つWEB情報イッパイお届け
artboard

【2016年版】レンタルサーバ3選!/個人でブログを始めるなら?【初心者必見】

2016/09/16


さて、前回副業としてブログを始めるにはどうしたらよいか、という記事を書きました。
この記事です。
今回は、その手順の一番最初にある「サーバをレンタルする」という部分についてです。

今レンタルサーバのサービスは数も沢山あり、しかも安価に、大容量になってきています。
しかし、個人でブログを書く、という目的のためには星の数ほどあるレンタルサーバをそれぞれ比較していても始まりません!

サクッと有名ドコロ3つのサービスを比較して、自分にピッタリのレンタルサーバを見つけましょう!

有名なレンタルサーバー3選

さて、古今東西沢山のサービスがありますが、個人でブログを始めるにあたって迷うべきは以下の3つのサービスかと思います。

・ロリポップ!レンタルサーバー
・エックスサーバー
・WPX

それぞれに長所が飛び抜けていてわかりやすいので、目的にあわせてこの3つから選ぶと良いでしょう。

また、ドメインを独自に取得していれば、サーバーを乗り換えて増強していくという事も、WordPressは比較的簡単に出来ます。
ドメインの話や移転作業の方法なども今後紹介していきますね。

安さで選ぶなら

ロリポップ!レンタルサーバー ライトプラン

最初のうち、ブログは全く収入になってくれないので、出来るだけお金をかけたくないものです。
上記3つのうち、最も安いのはロリポップ!レンタルサーバーです。
なんとライトプランであれば、月250円〜WordPressを使ったブログを始めることが出来ます!
ただし、他のサーバーに比べてレスポンスが遅い事と、1つまでしかWordPressを設置出来ないといった制限があります。
ただし、WordPressの自動インストールがあったり、初めての方や個人の方でもわかりやすい解説が随所にあるので、初心者にはとっても嬉しい仕様になっています。

つまりこんな人におすすめ!

・初心者
・ブログを複数運営するつもりはない
・アクセス数がそう多くない
【250円/月】(3ヶ月以上契約の場合)
【初期費用1500円】

ロリポップ!レンタルサーバー スタンダードプラン

スタンダードプランは、月500円ですがWordPressを50個まで設置することが出来ます!
ただし、設置している数が増えれば増えるほど、同時アクセス数が増えれば増えるほど、表示速度は遅くなっていくので注意が必要です。

つまりこんな人におすすめ!

・初心者
・ブログを複数運営したい
・アクセス数がそう多くない
【500円/月】(3ヶ月以上契約の場合)
【初期費用1500円】

エックスサーバー X10

エックスサーバーはロリポップに比べれば、本格的なレンタルサーバーです。
WEBサイトを制作する企業などもよく使っていますし、機能も容量も豊富です。
また、表示速度も早く、沢山のアクセス数をさばくことができます。
同時に設置できるWordPressの数は50個です。
また、この3つのサーバーの中では、保存しておけるデータの容量がずば抜けて多いです。
ただし、初期費用が掛かることと、契約更新月に更新費用がかかるため自由に辞めたり始めたりしづらいという欠点もあります。

つまり、こんな人におすすめ!

・中級者〜上級者
・ロリポップで運営していて、アクセス数が増えてしまって速度に不満がある方
・大量のサイトを長期間運営する予定のある方
・重めの写真や動画などを沢山使う
【1000円/月】
【初期費用3000円】
【契約更新のたびに1200円】

WPX

WPXは、WordPressに最適化されたサーバーです。
つまり、表示速度がとっても早いです。
ただし、初期費用が少し高く、設置出来るWordPressの数も10個までになっています。

つまり、こんな人におすすめ!

・中級〜上級者
・沢山のブログを運営するつもりはない
・とにかく1つのブログの価値を高めたい
・動画や画像などを多用しない
【1000円/月】【初期費用5000円】

まとめ

いかがでしたでしょうか。
なんとなくサーバーの特徴がつかめたでしょうか?

とりあえず安く始めてみたい方は : ロリポップ!レンタルサーバー
安定した環境で沢山運営したい方は : エックスサーバー
1点突破で少数のブログの価値を最大化したい方は: WPXサーバー

という感じかと思います。

当サイトDrip'n'SnipはWPXサーバーで運営していますが、僕は個人的にロリポップレンタルサーバーのライトプランで、他の趣味のブログやイベントの特設ページなどを作ったりもしています。急激にアクセスが集まったりしなければ、遅さもそう気にはなりません。

しかし「サーバーの応答が早い」というのは、見ている人の印象の他にもGoogleやYahooの検索結果の順位にも影響を与えるため、長期的に運営していくのであれば結構重要だったりします。
ロリポップで始めても、アクセス数が集まってきたりして表示速度が遅くなったら、どちらかのサーバーに乗り換える、というのがよいかもしれませんね。

では今日はこの辺で!

  関連記事

statistics
人前で口に出来ない…そんなWordPress用アクセス解析プラグイン

その名もstatistics!!! 言いづらい。 今回は、噛むこと必至の超高機能 ...

csvjs
CSVファイルの加工を自動化したい?JavaScriptでやりましょう。

こんにちは! 今回はちょっとエンジニア向けの記事になります。 JavaScrip ...

eycatch
SublimetextからPhpStormに乗り換えた7つの理由

こんにちは。 弊社では基本的にwebサイト・wordpressサイトの作成や構築 ...

artboard
【2016年版】ブログで収入!副業としてブログを始める基本のき。

こんにちは、僕です。 僕に別に専業ブロガーという訳ではないのですが、最近友人など ...

docker
WordPress環境をローカルで、超簡単に構築!Docker for mac

こんにちは、今回はWordpressを使って業務をしている方、もしくは趣味でpl ...

-WEB開発